兵庫県 姫路市の接骨院・整骨院  ひまわり整骨院 漢方薬「和漢堂」 【腰痛・スポーツ障害・うつ・不眠・不妊症他】

このような症状でお困りの方

鍼灸治療単独、または鍼灸と漢方を併用し効果を上げている疾患例を掲載しております。なおこれら以外の症例も多数ございますので、何かご質問があればお問い合わせくださいませ。
ただし効果には通院頻度・回数・体質などにより個人差があります。



 産婦人科疾患

@
通院で体外受精6回失敗し生理が来なくなった32歳のご婦人が、鍼灸治療と漢方薬で3カ月後に生理が再開し、6カ月後に妊娠し、その後、無事に出産した症例。
A
精子の数が少なく奇形も多く運動率の悪い30歳男性が体外受精に失敗したが、漢方薬服用で1年で2回目の体外受精に成功。なお第2子は自然妊娠した症例。
B
逆子治療を鍼灸で治した症例多数。
C
妊娠中のつわり、背部痛、腰痛、風邪を鍼灸治療と漢方薬で治療。
D
子宮筋腫(3p大)が2つあったものが、鍼灸治療5カ月で筋腫が石灰化し消失した38歳女性。
E
子宮筋腫が6cm大に大きくなり、子宮内膜に入り込み生理のたびに出血がひどく、ヘモグロビン値が正常の半分のため貧血がひどい40歳ご婦人に対し、病院での鉄剤と補血・止血の漢方薬と鍼灸治療を併用したところ、手術の予定がいったん見合わせることになり現在治療中。

F
生理中の頭痛、吐き気が激しかったが鍼灸治療で症状が出現しなくなった29歳女性の症例。
G
顔のほてり、足の冷え、気分の落ち込み、肩凝り、動悸、不眠で病院で自律神経失調症といわれたが、鍼灸治療と経路整体で好転した症例多数。
H
15年来の不眠でほとんど熟睡したことがない35歳女性が鍼灸治療と漢方薬で6時間熟睡できるようになった症例。

 当院の産婦人科疾患の鍼灸・漢方治療のもとになる理論とその治療方法

温陽暖宮法(淡・薄苔・沈細〜沈遅)
腎兪・命門・関元・胞門・子戸:補法20分留針+温灸・整理後に隔日に行う。(参考 胞門・子戸は左右の大巨の下1寸の胃経の水道穴、鍼通電を施すと卵巣からの排卵を促す、卵巣機能低下の閉経・不妊・胞漏に効果がある。)
帯下が希薄で多量なら志室・帯脈を加えて固精・束帯をはかる。
温宮行癒法(淡紫で癒班多し・白滑・沈渋〜沈緊)血
関元・帰来(水道の下1寸)・次髎・血海・三陰交:関元以外は強刺激の瀉法・30分留針・腰仙部は多壮灸。
清利温熱(紅・黄膩・滑数〜弦滑)
帯脈・中極・水道・陰稜線・行間・曲池・合谷:瀉法 20分留針5分毎に行針を加える。毎日1回行う(先に患者に排尿させておく)
補益衡任法(淡・薄白〜少苔・細弱)
百会・気海・関元:補法で20分留針・隠白は米粒大灸5〜7壮・脾兪と腎兪は留針後、灸も加える。(脾兪の間の背中の反応、命門をよく診、反応あれば灸。特に両脾兪・背中がキー)
調理衡任法(淡・淡紅・薄白苔)
関元・気衡(胃経の帰来…中極レベルのさらに下1寸)・三陰交:肝鬱(弦細)では肝兪・太衡・脾虚(緩弱)で脾兪・足三里・腎虚では腎兪・太渓追加 命門も反応あれば追加
温通衡任法(暗紫舌や瘀点・白滑苔・沈渋〜沈緊)
関元は温捕、気衡・血海は捻転瀉法30分留針、先に排尿させておく+隔附子餅灸(帰来→寒邪で腹痛激しい時)
清涼衡任法
実熱(紅舌・黄苔・滑数〜弦数)に大敦・隠白(5mm刺入れか三稜針で点状瀉血)・中極・血海(平捕平瀉)、虚熱(紅舌・少苔OR花剝苔・細数)に腎兪・隠交(臍の下1寸)・太渓・三陰交・いずれも捕法で20分留針  毎日1回治療する
健脾束帯法(淡舌・薄白〜白膩苔・細緩)
脾兪・気海・帯脈・足三里・三陰交:補法20分留針+温灸
固任束帯法(淡舌・白苔・沈遅)
腎兪・命門・関元・帯脈・陰稜線・足千里:温捕手技つまり提針と捻針を繰り返す、30分留針+温灸

 整形外科疾患

@
足、手の指の骨折、手関節の骨折の治りが悪いのを、鍼灸治療で完全に治癒した症例多数。
A
アキレス腱のほぼ完全断裂を鍼灸治療と固定で、手術しないで治癒した症例。
B
20年来の股関節の運動障害と痛みが1回の鍼灸治療で好転し、8回の鍼灸治療で股関節痛と動きが著しく改善して再発しない42歳婦人の症例。
C
腰部脊柱管窮搾症で腰の痛み、しびれ、だるさで来院され、鍼灸治療2カ月で痛みしびれが消失し、元気に登山を続けられている73歳男性の症例。
D
腰部ヘルニアで右腰臀部から右足先までしびれがあり、1回の鍼灸治療で症状が半減し現在治療中の35歳男性の症例。
E
寝違えて首が回らくなった、ぎっくり腰で立てなくなった、首関節の炎症で腕が上がらなくなった、膝が腫れて曲げ伸ばししにくい、足首のねん挫を放置していたらまた痛みが出てきた、野球で投手をしていて肩と肘が痛くて投げられない、首肩背中が凝りと痛みで気分が悪い、などなど多数治療例あり。
F
胃腸が弱く食後、食間の胃もたれと肩凝りで悩む57歳女性を鍼灸と漢方で治療中。
G
指先のしびれ、手のこわばりでリウマチの疑いがあるといわれた60歳女性を鍼灸と漢方で治療中。
H
ヘルペスの後の肋間神経痛を鍼灸で治療した症例多数。
I
顔面神経麻痺後、水が飲めなくなった、顔半分にしわを寄せられなくなった50歳の男性を鍼灸で治療した症例。
J
交通事故の後、整形外科で治療するも首の痛みが改善せず、鍼灸治療1カ月で完全に痛みが消失した53歳男性の症例。
K
産後のむくみ、腰痛、肩凝りがひどく育児がつらいと訴える婦人を、骨盤調整・鍼灸・経路整体で治療した多数の症例。
L
妊娠中の肩凝り、背中の凝り痛み、不眠がひどいと訴える臨月近くの妊婦さんを鍼灸治療とソフト整体で症状改善。
M
ばね指の炎症を灸治療もしくは漢方薬で改善した症例。
N
膝の変形からくる痛みを鍼灸治療で改善した症例。

 耳鼻咽喉科疾患

@
ひどい花粉症で頻繁のくしゃみ鼻水を、鍼灸治療と漢方薬の併用または漢方薬単独で即効性をあげた多数の症例。
A
慢性のちくのう症で定期的に黄色い膿が出る47歳の主婦を漢方で治療した症例。
B
回転性めまいがひどく、吐き気を伴う症状が、鍼灸治療単独または漢方を併用し改善した症例。
C
ふらつきがひどい症状を漢方で改善した症例。

 小児科疾患

@
アトピー体質のかさかさの皮膚の3歳児を、漢方と小児鍼で良好な経過をたどり、現在治療中の症例。
A
夜泣きのひどい乳幼児を、指圧と小児鍼単独または漢方と併用し治療した症例多数。
B
学童期のチックを小児鍼で治療し、良好な経過をたどった症例。
C
ぜんそくの持病があり風邪をひくと咳がなかなか治らない9歳児を漢方で治療した症例。
D
嘔吐下痢症を漢方で鎮めた症例。
E
家族がインフルエンザにかかった際、予防的に漢方薬を飲ませたところインフルエンザに罹患せず、無事試験に臨めた受験生。

 内科疾患

@
ストレス性胃潰瘍で、仕事で緊張が続くと、胃が痛み出して困る38歳女性を、鍼灸治療で定期的に治療して、経過良好な症例。
A
便秘で1週間に1度しか排便できない30歳女性を、漢方で治療しバナナ状の良い便が出るようになった症例。
B
ストレスで医が常に気持ち悪く、のどに何か詰まった違和感がある42歳管理職男性を、鍼灸治療で改善し、転勤後は漢方を取り入れ症状が改善した症例。
C
胆石で胆嚢の除去手術の3年後に、無いはずの胆嚢の場所に激痛が走り内科を受診するも痛みは治まらなかったが、1回の鍼灸治療で痛みがほぼ完全に消失し、3回の鍼灸治療で以降再発しない58歳男性の症例。
D
風邪の後なかなか治らない肩凝り、背中の痛み、頭重感、咳と痰を鍼灸と漢方薬で治療した症例。
E
下半身の広範囲の水腫(むくみ)を漢方で治癒した老人の症例。

F
高血圧で降圧剤を服用しても血圧の上下ともが下がらない80歳老人を漢方薬で経過良好にした症例。
G
酒豪でγ-GPTが基準値の倍と高く、アルコール性肝障害、肝脂肪の所見があり、口が苦く胆嚢の異常を示唆する46歳男性を漢方薬で治療中の症例。
H
妊娠中の風邪に対して安全な漢方薬で風邪の諸症状を改善した症例。

 歯科疾患・歯科領域

@
顎関節の痛みを鍼灸で治療し症状改善した42歳男性の症例。
A
肩が凝ると歯ぐきが痛み、歯科にかかるも歯と歯ぐきには異常はないが違和感がひかなかったが、鍼治療2回で痛みと違和感がともに消失し、再発のない症例。

ひまわり整骨院 漢方薬「和漢堂」
〒671-1145 兵庫県姫路市大津区平松56-1
079-271-5003

Copyright (c) ひまわり整骨院 中医学鍼灸院 漢方薬「和漢堂」 All Rights Reserved.